Ustreamに「おひねり」機能が

 

Ustreamで「おひねり」サービスが開始されるようです。

 

「Ustreamチップ」を開始  ~配信者の活動を支援する“おひねり”が可能に~

 

  • 視聴者が「Ustream」で無料配信されている映像を見ながら、配信者が別途用意した特典映像を視聴するための支払いをすることで、配信者の活動を支援できるシステム
  • 支払額は、配信者が1口100円から最高100万円まで1円単位で設定することができる。
  • 視聴者は1回につき1口から最大200口まで、クレジットカードまたは電子マネーで支払うことができる。
  • 視聴者は支払額の大小にかかわらず、配信者が別途用意した特典映像を「Ustream」で視聴することが可能。

 

 

 

うおー、これはすごい!画期的なサービスだー! と驚きましたが、よく読むと・・・

 

 

『「Ustreamチップ」を利用した番組の配信は、法人に限定させていただきます』

 

 

・・・がっくし。

配信は法人限定ですか。

これが個人に開放されていれば、非常におもしろいことになっていたのですが・・・。

寄ってらっしゃい、見てらっしゃい!お代は見てのお帰りだよ!ということで、

無名アーティストの路上ライブ、大道芸に隠し芸、クリエイターの創作実況中継まで、用途はいくらでも考えられますし。

無名の個人を支援する、強力なツールの登場かと思ったのですが、残念です。

 

個人にまで開放すると著作権のトラブルが予想されるからかな・・・。

Aさんの大道芸をBさんがこっそり中継 → Bさんがぼろ儲け

とか。

 

 

まぁ、法人限定だとしても、とても画期的な試みだと思います。

ライブ配信を通じてアーティストを直接支援できる、というのはファンにとっては素晴らしいことですし、配信者の活動を支援するというクラウドファンディング的なサービスとしても魅力的です。

NPO法人の方が使うと面白いことになるかもしれませんね。

 

今後の展開に期待したいところです。

 

 
 
 
 
(関連エントリー)投げ銭と少額決済のあいだ