ロンドン五輪開幕

 

4年前のオリンピックおさらい


北京五輪総集編/Mr.Children/GIFT 

  

自分は日本代表の選手をほとんど知りませんでした。

にもかかわらず、世界と戦うその姿に心を打たれ、感動の涙すら流しました。(単純・・・)

勝者の笑顔も、敗者の涙も、とても美しかった。

名前も知らない選手の競技を見て、感動してしまうというのも、考えてみたら不思議な話です。

 

 

スポーツには観るものの心を打つ、不思議な力があると思います。

「努力しても報われるわけではない」という残酷な現実を突きつける一方で、「目標に向かって努力する姿は、美しい」ということも、確かに示してくれる。

私が心を打たれるのは、決して共感でも同情でもなく、ただただその「美しさ」にやられているのだと思います。

 

 

今年も熱戦を期待したいです。

どの選手も、全力を出し切れますように。

がんばれ日本。